<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

お手紙

こんなに小さかった姪っ子も、5歳になりました056.gif056.gif

e0140616_2127780.jpg



             てんごくのみっきーわげんき?



お手紙055.gifをかいてくれました。012.gif





032.gif032.gif032.gif

2006年10月11月追記しました。

ミッキーの病気のこと、治療方法など
下痢になったことがきっかけで
いろんな考え方や方法があることを知りました。


知識がない私に、たくさんの情報はかえって
どうしたらいいのかわからなくって気持ちが揺れることもありました。


それでも、
セカンドオピニオンは大切なことだと今は思います。
[PR]

by ji-mickey | 2008-08-20 21:54 | その他

ミッキーからのメッセージ


先日、ミッキーとのソウルコミュニケーションをお願いした時の事を書こうと思います。



先生には
写真と名前・年齢・男の子という事だけを事前に送って電話で話してもらいました。


e0140616_2128049.jpg

        ▲この写真でお願いしました034.gif



まず、ミッキーのことを先生は

この子はとっても甘えん坊ですね。人間でいったら、5.6歳の男の子みたい!
10歳の犬って言ったら、人間だとおじさんって歳なのにそう見えないわね~。
喋ってる感覚がとっても幼くて可愛い。
それでも、どっしりした部分があって、あなたをリードしなくては!
守らなくては!って思っている男気のある様子も伝わってきます。

 

さてコミュニケーションの始まりです。
★先生 ★私
(ミッキーはお家で、私=ねぇちゃん、母=ママ、父=おっさん そう認識してました。
 だから実際にもそう呼んでいるみたいです。)





まず、最期の日のこと。最期の時のことをミッキーは映像で見せてくれたそうです。


下っ腹をとっても痛がっているんですけど、内臓が悪かったのですか?
『痛いよー』って言ってます。



    ミッキーは、最期は腎臓がすごく悪くなってました。
    我慢強いミッキーが、ヒンヒンないていた位ですから
    かなりの痛みで辛かったはずです。

 
 
とっても明るいお部屋で
『ウォーーーーーン』って吠えている感じ。
でもこれは、実際に声になっていたのかはわからないけど
そんなところを見せてくれます。
それは あなたを呼んでいたみたい。
『ねぇちゃん早く来て。』 ってそんな感じのなき方をみせてくれます。

 

    最期の日も病院でした。
    やっぱり私が迎えに行くのをずっと待ってたんだ・・・。
 
 
でもあなたが病院に着いたのは、ちゃんとわかっていたみたい。
『ずっと待ってたんだよー。』そう言ってます。
 


    でも、もう意識はなかったのですが・・・?
    
 
最期の瞬間の時を見せてくれるんです。
ミッキーの周りに3人の人がいる映像を見せてくれますよ。
 


    (ドキッ!!)最期の瞬間。
    ミッキーの周りには、私と母、そして病院の先生。
    3人でミッキーを囲んでいました。
    
    ちゃんとわかってくれてたんだね・・・ミッキー。





     ★☆★   ★☆★   ★☆★   ★☆★   ★☆★   ★☆★



ミッキーにお話ししたいこと、聞きたいことはないですか?って先生。
そしてたくさんのミッキーの気持ちやメッセージをおしえてもらいました。




★今、ミッキー何か言ってますか?

『寂しいよー。僕だって寂しいんだよー。』って泣いている。よく迷子の男の子が、顔に手を当てて泣いている・・・そんなイメージで。

まだまだお互いに寂しくて離れられずにいるみたいですね。 

そして、『僕からのサインをねぇちゃんはあんまり気づいてくれない。いっぱい出しているのに。』って。
 

    (友達にも話しましたが)、私はミッキーが生き返る夢を何度も見たり
    ミッキーの鼻息を感じることがあります。 



でもそれだけではなく、たくさんサインを出しているけど気づいてくれない!
って言ってます。



    ごめんね・・・・私が鈍感なのよ。008.gif


★好きな場所はどこだったの?

初夏の日差しですね。
人や犬がたくさんいる場所。でもその人達とは関係なくミッキーだけで遊んでいる。
海なのか湖なのか池なのか、大きな水が見えるけどそこで遊んでいるんじゃない。
手前の川みたいなところで遊んでいる。でも岩なんかは見えない人工的な川みたいなところで
車を止めてからちょっと歩いて行ったところ。「何度か行ったんだよ。」と言っていますが。

 

    人工的な川。駐車場からちょっと歩く。そう聞いてわかりました!
    大濠公園という公園です。5月頃何度か行きました。
    公園には大きな池があって、そこの中にミッキーは入ったことはありませんが
    その手前の水が流れているところで遊ぶのが大好きでした。



e0140616_2226487.jpg

        ▲大濠公園でのミッキー。やっぱり最高の笑顔です!



★母(ママ)の事は?

台所でママが料理している隣りに座っている姿を見せてくれて、おこぼれをもらうのが好きだったみたいですよ。
そしてあなたが帰ってくる時間になると、『ねぇちゃんもう帰ってくるねー』とか『ねぇちゃん遅いねー』って僕に話していたんだよ。って言ってますよ。



    母は私が帰る時間になると、いつもそう話していたそうです。


 
★父(おっさん)の事は?

おっさんも僕も歳をとってから僕たちは一つのグループにされていた。二人組にされていたんだよ。面白いでしょ?って雰囲気で話すんだけど?


    (またまたドキッ!!)
    よく私と母とで、ミッキーと父のことを『そこの爺さん達!』とか『そこのじ様達!』
    って言ってました。
    ミッキーったら、そんな事もちゃんとわかっていたんです。可笑しい!!!
 
 


★楽しかったことは?

『ねぇちゃん、よく一緒に食べたよね~』って言ってますよー。ご飯の時も隣りに座って、何か貰うのが嬉しかったみたいです。

あと日常の生活の中で、ねぇちゃんと ”一緒” に何かをしたという、思い出を共有していることが嬉しいことみたい。




★嫌だったことは?

病院に預けられる時間が多くて長かったのですか?
ねぇちゃんが、病室を出ていく時がとっても嫌だった。その後はねぇちゃんが迎えに来るまでずっと我慢して待っていたんだよ。って。

あと、一度ママとねぇちゃんにひどく怒られた。僕の事を否定する位。とっても辛かったんだよ。って話してます。

でも、ミッキーはホントに幼い男の子って感じで喋り方がとっても可愛いですね。



    ミッキーは朝早くに病院に行ってました。
    一日中待っていたんだと思います。

    怒ったこと?何が理由で怒ったのかは思い出せないけど、
    私が『みっちゃん大ッ嫌い!!』って
    ”プンッ”ってするとホントに悲しそうにしていました。



★お散歩の事は?

歳をとってからもう最期に近い頃のことなのかな?
もうすぐ歩けなくなる・・・だからねぇちゃんといろんなところに行きたかった。
ミッキーがあなたの一歩前を歩く姿・・・付いてきて!って感じで歩く姿を見せてくれますよ。



    ミッキーは股関節が悪くなってからは途中で休憩しながらお散歩していました。
    それでも、あっちに行こう、こっちに行こうって私を引っ張って行ってました。
    行ったこともない所に行きたがったり、すごく遠回りをしたがったり・・・
    足が痛いはずなのに、どうしてなのかな?って思っていたんです。



e0140616_10275940.jpg

          ▲休憩中045.gif



★ミッキー、大好きだよ。

僕も大好き。ずっと、永遠に一緒だよ。って言ってますよー。
 


ミッキー、初めは真っ暗闇の中で泣いていたんですけど、あなたと共有のお話ができてずいぶん明るい表情になってきましたよ。
ねぇちゃんもそうでしょ?って言ってますよ。
あなたとミッキーの気持ちは常にリンクしているんですね。
それで、『ねぇちゃん、次のところに行こうよ!一緒に次ぎのところに行こう!』って言ってますよ。


そしてミッキーからのお願いが!今度僕を感じたら、やって欲しい事がある。
いつもやってくれていたのをやって欲しい。って言ってます。
何かハグのような?顔がとても近いんですけどわかりますか?




    わかります・・・。
    いつも、私とミッキーのおでこやほっぺをひっつけて
    『みっちゃん、好き好きよー』って言ってました。それだと思います。




そんなお話でした。
嬉しかったり012.gif、可笑しかったり037.gif、切なくなったり・・・007.gif
最後に一緒に過ごした夜のミッキーの気持ちは、ここには書いていませんが
私を想ってくれる気持ちが嬉しくもありとっても切なかったです。

お話を聞いている間中、ずっと涙がとまりませんでした。


そして最後に、ミッキーは自分がいなくなってからの私へのメッセージを話してくれました。
とっても温かいメッセージ・・・ずっと大切に私の中にしまっておきます。

ありがとう、ミッキー053.gif

[PR]

by ji-mickey | 2008-08-02 07:14 | その他