<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

大好きなもの

じ様が眠った箱の中には
大好きなものをたくさん入れてあげました。

カステラにジャーキー、そしてイチゴ
あと大好きな青のリード
016.gif

e0140616_2122775.jpg




バンダナつけるのも好きだったからお洒落して。。。







e0140616_20191199.jpg

雨が降った時は
ちんちくりんだけどレインコート着てね。

e0140616_2020417.jpg




寒い時はマフラーするんよ。
e0140616_20512566.jpg








それから・・・ キュッキュ!!
これは絶対に持っていかないとね。
e0140616_20532288.jpg



大好きなくまのプー太郎も!
e0140616_2122443.jpg





もうお薬はいらないかな?
でも、心配だから少しだけ入れておくことにしました045.gif

じ様は、お腹弱いから整腸剤と
足が痛いときはサプリは増やした方がいいって先生言ってたから
それも全部入れて・・・。


忘れ物がないか、何度も何度もチェックして
『みっちゃん、大好きよ。ありがとね。』って
少しの間バイバイして。。。

大好きな物いっぱい持って
じ様はお出かけし、少しちっちゃくなって帰ってきました。

じ様が突然旅立ったことを知った、友達や知り合いからは
たくさんの励ましの電話やメールそして可愛いお花や贈り物
本当にありがとうございました。


一緒にいっぱい泣いてくれたお友達。
ありがとう。。。


今もじ様は、お花と大好きな物に囲まれています056.gif056.gif056.gif
[PR]

by ji-mickey | 2008-04-30 21:41 | その他

4月14日

診察台に運んでも、横になったままのじ様。
診察時間前でしたが、先生もすぐに来て下さいました。

お腹や太もものプクプクしたものは
腹水でもおしっこでもなく、浮腫でした。

そしてお腹の皮膚が変色していました。
内出血をおこしていたみたいです。

でも股関節は前日まで動かすとボコボコとなっていた音もなくなってました。

帰りは少し歩けるかな・・・045.gifなんて思ったほどです。

2日間も出ていないおしっこも、もう限界なので出してもらうのと
体の中の悪いものを出してもらうための点滴。

じ様を預けて私は会社に行きました・・・。


5時30分。会社を出て車を止めている駐車場まで行き
その先にある果物屋さんに寄りました。じ様はイチゴが大好きです。
夜はイチゴだったら食べてくれるかな・・・そう思ってイチゴを買いにいきました。
そして車を出して、病院へ。

病院に着き受付で名前を書いて待合室に座ろうとしたとき
何気に時計をみたら5時50分だったのを覚えています。

そして携帯062.gifが光っているのに気づき
それが病院からの着信であったのと、メッセージが入っているのに
何か嫌な予感がしました・・・。

留守電のメッセージを聞こうとしたときに
朝の看護師さんが私を呼ばれました。
そしてその表情からも何かあったんだな・・・って感じました。

診察室の、その奥の部屋に通されました。

もう自分で呼吸ができないじ様の口に管が入っていて・・・
心電図がピピピと動いている・・・そんなじ様の姿が今も忘れられません。

『みっちゃん・・・。』

”お別れ”がもうすぐそこにきているんだな。。。そう思いました。

★最後の治療
[PR]

by ji-mickey | 2008-04-26 22:43 | 腎臓

いつも一緒

病院から戻ってきたじ様

家に着くと一度嘔吐しましたが、少しだけ眠りました。
でもすぐに目を覚ましヒンヒンとなきます。

きつくて きつくて きつくて・・・どうしようなかったんだと思います007.gif


ヨシヨシって撫でてあげると泣きやみますが、しばらくするとまたヒンヒンとなきます。

私が側から少しでも離れると、ヒンヒンとないていたのが
クンクンと甘えたなきかたに変わって私を探していました。

ごめんごめん。
側に行くと安心したかのような顔になりました。012.gif


   ☆★☆   ☆★☆   ☆★☆   ☆★☆   ☆★☆


じ様は私のことがとにかく大好きで、家の中ではいつも一緒でした。
お風呂もご飯も寝るときもいつも一緒。

私が喜ぶとじ様も嬉しそうに尻尾をふって003.gif
私が泣いたり怒ったりしてるとじ様は心配そうにクンクンないて・・・007.gif

お散歩だって、私が家にいるときは他の家族とは行こうとしません046.gif
私の帰りが遅いと、ご飯も食べずにしょんぼりしていたそうです。
おっきな体だけど、どうしようもないくらい甘えん坊でひっつき虫君。


   ☆★☆   ☆★☆   ☆★☆   ☆★☆  ☆★☆

もちろんその日もずっとじ様と一緒にいました。
台所で寝ていたじ様の横に私の布団を運んで・・・。

じ様はとにかくお水を欲しがり、前足だけで動こうとして水入れのところまで行こうとします。
少しお水を飲ませてしばらくすると
じ様の体の中全部のモノが出てくるくらいの量を嘔吐します。

それでもまたお水を欲しがりました。
ヨーグルトをあげるとペロペロとなめてくれました。

そんなことを一晩中繰り返しました。
じ様にとって本当にきつくて辛くて長い夜でした・・・。

それでも『みっちゃん』って声をかけると尻尾ふってくれます。


((早く朝にならないかな・・・。早く先生のとこに行こうね・・・。))

6時過ぎくらいからじ様は嘔吐もおさまり、目も元気あるように感じました。
ただ立ち上がることが出来ないし、おしっこも出ていません。
そして、お腹と太ももの付け根がぷくぷくと何か水が溜まったような感じがあるのが
私にもわかりました。


((何だろう?025.gif腹水が溜まってきたのかな?おしっこなのかな?))


『みっちゃん。ブップ(車)に乗るよ!病院行くよ!』

じ様は尻尾ふってました。

車までじ様を運んで病院へ。

病院につくと
いつも朝早くじ様を迎えてくれる看護師さんが一緒に手伝ってくださり
じ様を病室まで運びました。


みっちゃん。すごく重かったんよ!!042.gif
[PR]

by ji-mickey | 2008-04-24 20:53 | 腎臓

原因

じ様は鎮痛剤が効いて、数時間だけ眠ることができました014.gif

でも朝の5時前から、またヒンヒンとなきはじめました。

痛みと気怠さでじ様は本当に辛そうでした007.gif

e0140616_2041716.jpg


そして水のようなものを数回吐き、もう立ち上がることはできません・・・。


とにかく病院に連絡。

じ様の先生からは、夜遅くも夜間動物病院にいる時も連絡をいただいていたので
状況はわかってあり、休診日だったのですが診てもらうことになりました。


お布団と台を担架代わりにし、じ様を病室まで運びました。
じ様は、ちょっと嬉しそうに尻尾をふってくれました。


先生はじ様をみて、呼吸が荒いことを心配されました。
そして、股関節は動かすとボコボコと音がなり、周りの筋肉は突っ張ったような状態
だったようです・・・002.gif


血液検査と点滴をしてもらう為、いったんじ様を預けて夕方迎えに行きました。


血液検査の結果は、3日前の数値より腎機能の数値がグンと上がってました。
じ様が動けないのも、嘔吐するのも
股関節だけでなく、腎機能低下が原因だったのです。

たった、たった3日でこんなに悪くなるなんて・・・。 

もう自宅での点滴では間に合いません。
とにかく悪いモノを出してもらわないと・・・。

『みっちゃん。明日からしばらく通院だね・・・。頑張ろうね。』
 
帰りの車の中でそう話しながら帰りました。

★血液検査と治療内容
[PR]

by ji-mickey | 2008-04-22 20:16 | 腎臓

お散歩とドライブ

じ様はお散歩が大好きでした056.gif

どんなに足が痛くても、立ち上がるのに時間がかかっても
何とか歩いて行こうとしてました。

4月12日 朝058.gif

その日は、立ち上がるのに1時間位かかりましたが
家をでると、近くの公園に行って少し休憩し
あっちに行こう。こっちに行こう。ととにかくいろんなところに行きたがりました。
時々休みながらも、ちゃんと自分の足で歩き自分でお家まで帰ってくることが出来ました001.gif

でも、これがじ様と行った最後のお散歩となったのです。

家に帰ってから、お薬を飲ませ点滴も済ませていましたが
寝返りも出来ないほど、じ様に痛みが襲ってきました。

先生に連絡し030.gif、お薬を変更してもらう為に取りに行きました。

お薬を飲ませてちょっと時間が経つと、じ様は朝食べたものを吐き出しました。
また先生に連絡し、飲み薬は少し時間をおくことになりました。

そしてその日の夜072.gifから
本当に辛い辛い時間を過ごすことになったのです。

じ様は痛みからか、ヒンヒンと声をだしてました。

どこが痛いの?って体中を撫でていると脇腹あたりがタプタプしていることに
気づきました。夜遅くでしたが、心配になりもう一度先生に連絡。
場所的に、皮下輸液が溜まっているんだろう。とのことでした。

それでもじ様に襲ってくる痛みは酷くなり、時には悲鳴をあげるほどです。
何とかこの痛みをとってあげたい。。。そう思いました。

★夜間動物病院へ・・・
[PR]

by ji-mickey | 2008-04-18 20:30 | 腎臓

腎臓と股関節

日にちは前後してしまいますが
じ様が頑張った証なので闘病記録を残しておこうと思います045.gif

e0140616_0362017.jpg


   ☆★☆   ☆★☆   ☆★☆   ☆★☆   ☆★☆   ☆★☆ 

時間がかかっていた自宅点滴も、じ様の先生にもう一度じっくり教えてもらってからは
300mlが40分位で終わるようになりました016.gif

4月6日から、じ様は股関節痛が酷くなり
立ち上がるのに時間がかかります。立ち上がってしまえば大丈夫なのですが
日に日に酷くなって、4月8日からは1時間くらいかかるようになりました002.gif
手伝ってあげても後ろ足に力が入らないようで、時々痛みでないてました。007.gif

先生からも連絡頂きましたが030.gif翌日はちょうど通院日。
診てもらうとやっぱり、股関節がかなり悪くなっているとのことでした。

腎機能の数値は、じ様なりに保っていました。


★検査結果とお薬
[PR]

by ji-mickey | 2008-04-18 00:56 | 腎臓

お別れ。

e0140616_717846.jpg


じ様は、4月14日天国へ旅立ちました。
あまりにも突然のことで・・・。

写真は4月10日のものです。
こんなに元気だったのです。

わたしはじ様のことが
大好きで大好きでどうしようもないくらい大好きです。

ありがとね、ミッキー。
[PR]

by ji-mickey | 2008-04-16 07:22 | その他

頑張れ腎臓君

じ様は一週間毎日200mlずつ自宅で点滴しました。
e0140616_2465955.jpg

▲点滴中016.gif

腎機能の血液検査の結果は
ちょっとだけBUNの数値が下がりましたが、ほぼ現状維持039.gif
毎日の点滴の量を増やすことになりました。(目標は毎日300ml)

30分位で終わるはずと言われてたじ様の点滴。
でも、液はサーーーっと落ちてくれず、ポタ・・ポタ・・・こんな感じなので
200mlだと1時間は軽く超し300mlだと2時間を超すようになりました025.gif
あまりにも時間がかかりすぎてじ様にもストレスがかかってしまいます。
私のやり方がまずいのかな。。。
じ様の先生に相談して030.gif見てもらうことになりました。

★じ様の点滴のこと
[PR]

by ji-mickey | 2008-04-08 21:52 | 腎臓

じ様と私と動物病院

いろいろあって・・・たくさん悩んで・・・先生と話し合って
少し気持ちの整理がついたので
今の私の気持ちを“記録”として残しておこうと思います。

じ様は特にこの1年いろんなことがありました。
休診日でも夜遅くでもお世話になった回数は数え切れません。
私の都合でいつも朝早くに預かってくれることにも本当に感謝しています056.gif

他の先生の”大丈夫”よりも、じ様の先生の”大丈夫”
どれだけ私を、家族を、安心させてくれたことだろう。

言葉では言い表せない”ありがとう”がいっぱいです。


でも・・・ちょっと溝が出来てしまったこともあります。

薬のミス。自宅点滴の説明であったり
飲ませてはいけないお薬を飲ませていい。と看護師さんが安易に言われたこと。
じ様お泊りの時の治療内容が看護師さんによって話が違ったこと

そういった内容の事が幾度か積み重なって・・・
一つ一つの溝をその都度きちんと修復すればよかったのだけど
何となく解決したようで曖昧にしてしまった・・・それがいけなかったみたいです。
一気に爆発してしまって
全てが信頼できなくなってしまいました。

もう何も信じられない。今までなんだったの?って思えてきて。
信頼って一瞬で壊れてしまうものだな。

周りの人みんなが“転院”をすすめました。

ミッキーが可哀想よ。
ミッキーは喋らないんだから、本当に何されてるかわかんないよ。って。


((そうだよね。やっぱりそうだよね。))


カルテと今までのデーターをもらいに行ってきてあげる。とまで言ってくれた友達。
その言葉は心強かった。

実際に転院となるとじ様に負担がかかるのは事実。
何がいいのか、どうしたらいいのかわからなくなりました。

こんなんじゃ、いい治療はできない。046.gif
わかっているんだけど・・・007.gif

私の気持ちがかなり揺れました。
ミッキーどうしよう?ってミッキーにいつも聞いては泣いてた毎日。


ゆっくり考えてる時間はなく、気持ちの整理がつかないまま通院。


抗癌治療の間隔を延ばしていいものか相談しに行った時に、その先生に言われていた言葉が引っかかってました。
  じ様の血液検査のファイルを見ながら 
 ”今の先生とこんなに頑張ってきたんじゃない。もっといっぱい話し合いなさい。
 ミッキーちゃんのためだったら、口うるさいって思われてもいいじゃない。”


しつけの先生も獣医さん。相談したとき言われた言葉を思い出しました。
 ”遠慮なんかしなくていい。何でも話して溝が大きくならないうちに解決しないと。
  ミッキーちゃんのことは今の先生が一番わかってるんだから。“


私が生意気だと思われても、口うるさい飼主だと思われても構わない。
全てを先生に話してみようと思いました。

そして
先生とは、いっぱい話しました。

”勝手な判断で発言された看護師さんにはもうミッキーには関わらせないで下さい。”

とまで言った私。


一番わかって欲しかった私の気持ちは

物言えぬ動物だからこそ・・・無責任な発言をして欲しくない。
命あるものなんだってこと。
ミスが取り返しがつかないことにだってなるんだってこと。


それが言いたかったんです。

遊んでるんじゃない。私なりに、いや、我が家でできることは精一杯やってきた。
大好きな053.gif大切な家族だから。だから悔しかったんです。

言いすぎたかもしれない。
でも。何かあってからでは遅い。という思いが強かった・・・。

先生からは
『本当に申し訳なかった。
ミッキーのために、また一緒に頑張っていこう。』
って言って下さいました。

私もまた一緒に頑張っていこうと思いました。
これからもいろいろあるかもしれない。
でも、ずっと、ずっと先に
こんなこともあったな。って思える日がくると思う。

じ様が今私のそばに居てくれるのは
今の先生のお陰ということはじ様と私が一番わかっています。045.gif
言葉で言い表せない”ありがとう”がたくさんあるのです。

じ様の先生からいただいた
じ様と一緒にいれる時間を大切にしていこうと思いました016.gif

[PR]

by ji-mickey | 2008-04-05 14:49 | その他