<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

腎臓くん頑張れ!

腎臓の治療がメインになってるじ様です。
今後の治療計画をたてて欲しかったのですが、無理みたいです。

数値は前回よりよくなってますが、抗癌治療はまだ出来ません。
腎機能低下による影響で貧血の数値は下がってきました。

黒かった唇が、少しピンクになってきました。

e0140616_2147175.jpg
でもじ様は、とっても元気です016.gif
足の感染も治まってきました!




032.gif032.gif032.gif治療計画のこと

腎臓中心の治療となっているこのとき
ミッキーの治療内容のことについて
今後どんな治療をして どれだけ治療費がかかるのか
計画を立てて欲しい・・・そう話しましたが無理だといわれました。

そんな計画を立てるだけのデータが無いからと。

毎週通院して診てもらって、血液検査だってしています。
他に何の検査が必要なのか?
医学的なことは私にはわかりません。

ミッキーは顎の切除だけはお断りしましたが
それ以外、この病院でできる治療の全てをお願いしました。
だからある程度の計画をたてて、
突発的なことが起きたらそれに対処してもらいたい・・・
そう思ったのですが。。。
それがたとえ先生のお考えとは方向が違ったとしても。



★治療内容と検査結果
[PR]

by ji-mickey | 2008-02-20 22:51 | 腎臓

延期

e0140616_21143082.jpg
とりあえず
抗癌治療を3週間に一度から4週間に一度にしてみることにしました。

じ様と病院へ。

数日前からじ様はびっこを引いて歩いてました002.gif
血液検査で白血球が25000↑
感染性関節炎とのこと。

腎機能の数値も上がっていて、抗癌治療は出来ない。見送ることになりました。
でもこれ以降もミッキーは抗癌剤治療はしませんでした。



032.gif032.gif032.gif
ミッキーの右耳には大きなイボがありました。
確か、8歳くらいの時に出来たのかなぁ。
そのままで大丈夫だったのですが、この頃から急に内出血したかと思ったら
すごく臭くなりポロリと取れました。
幸いにもスッキリお耳になりました。


★治療・検査内容
[PR]

by ji-mickey | 2008-02-16 22:35 | 腎臓

抗癌治療のこと

3週間に一度の抗癌治療も27回目の日がとっくに過ぎてますが
延期してもらうことにしました。

というのも
じ様の医療費が毎月諭吉さん20枚前後というのは、
私にとって決して簡単なことではありません。

抗癌剤の間隔を少しあけて欲しいと先生に相談しました。
でも、癌細胞が騒ぎだすと太刀打ちできなくなるから。というお話でした。

そう言われると、間隔を延ばすことに決心がつきません。
でもこのままでは、じ様の治療が全てできなくなってしまいます。
これからじ様は、お爺ちゃんになっていくので
もっと病院にお世話になる回数は増えると思います。
だからこそ、治療を続ける為にも
抗癌治療を延期すると決断するのに勇気をもらいたかったのです。

そこで、違う先生の意見も聞かせてもらいました。

その先生の意見は・・・

(じ様を実際にみてないので)検査結果の数値だけで話す僕の意見は
まず、抗癌剤の間隔を延ばすということですが
もともとメラノーマは切除後に放射線治療が一番有効とされていて、抗癌剤に反応する確立は25%以下。
じ様はマージン切除もしてなく(上顎を取ってないこと)病巣は確実に残っているにも関わらずこの一年半もの間、再発・転移していないのであれば、僕であれば延期というより半年でやめている。 じ様のこの一年半は人間で言ったら、10年位に値する。
人間でも10年再発しなければもう治療はしないでしょ?
鼻血だって出始めたらまず止まらない。
普通メラノーマは抗癌剤で大人しくなるようなそんな相手ではない。
じ様の場合、余程抗癌剤に反応しやすいタイプのものだったのではないか。
副作用の少ない抗癌剤(カルボプラチン)とは言え、どんなお薬でも腎機能に影響してくる。 今のこの数値だったら、癌よりも腎不全で命を落とすほうがはやいかもしれない。



そんなお話でした。
じ様の先生とは、違う意見で衝撃的でしたがそんな考えもあるんだな。って思いました。
でも抗癌治療に間隔をあけるといことに少し勇気を持てたような気がします。

そうは言っても今のじ様が、こんなに元気なのは
もちろん今の先生の治療と判断のお陰だと思っています。
だからこそ、先生の考えとは違う抗癌剤を延期するということが、どこかで気になってしまうのです。

不安になったり、気持ちが揺れたり、どうしていいかわからない事が
時々私を襲ってきます。
[PR]

by ji-mickey | 2008-02-16 21:44 | メラノーマ

活血剤の効果

e0140616_17272331.jpg
先週から活血剤をやめた途端
じ様は歩けなくなり、お散歩ができません。

そして夜中になきだしたり、急に遊びたがったり026.gif

ストレスなんかで副交感神経のバランスが崩れるとこうなるそうです。


じ様は足が痛くてお散歩ができないことでストレスがたまっていたのです。
足が痛いということが、全身に影響を及ぼしてしまうそうです007.gif


e0140616_218149.jpg
032.gif
股関節が悪い子の座り方って言われました。

★お薬
[PR]

by ji-mickey | 2008-02-06 21:22 | お薬