<   2007年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お薬のこと

じ様のお薬は種類も量もたくさん034.gif

処方されたお薬はノートに、
一日何錠何回飲ませるかや
お薬の記号など記録することにしました。

★More
[PR]

by ji-mickey | 2007-05-31 22:39 | お薬

抗癌治療15

15回目の抗癌剤投与。
血液検査では、食欲不振が続いているのでアルブミンが1.9に013.gif

032.gif032.gif032.gif

再発・転移はありませんでした。

でも、薬の副作用で肝数値は悪くなってました。

あと少しで腹水がたまるという数値(アルブミンが1.5以下になると腹水が溜まるそうです。)
になっていたので、ビビってましたがエコー検査では大丈夫!

腸壁の厚さもこの前より2ミリ位薄くなってました038.gif


★治療内容とお薬
[PR]

by ji-mickey | 2007-05-30 22:25 | メラノーマ

さらに痛そう

5月16日
じ様の前足は、更に腫れ熱もでてきました。
こんなきつそうなじ様ははじめて008.gif


5月17日
ついにじ様の腫れている前足から、液が出てきて凄いことになりました。
急いで病院へ。


032.gif032.gif032.gif

ミッキーは更に腕は腫れ熱も高く
お散歩の途中では寝ころんでしまいました。

そして、ミッキーの腕はついに出血し始めました。
舐めているなって思っていたら、血や汁のようなものが出始め
ほんの数分のあっという間に毛が抜け、凄いことになってしまいました。


急いで病院へ。


床に手をつくことが出来ず
ポタポタと血や汁のようなものが落ちていました。
その日、病院は午後休診だったのですが
いつものように夕方までミッキーを預かって診ていただきました。


“よかった~。これで一安心”・・何だか少しホッとしました。


夕方病院に迎えに行くと、傷は生々しいですが、
周りの毛も刈ってあり、キレイに消毒してもらって朝よりスッキリしてました。
結構深いところまで感染しているようで、抗生物質などお薬が増えました。
骨まで感染すると、高熱で痛みも更に酷くなるそうです。

ミッキーはこの週の始めも背中の小さな皮膚炎から膿がでてきました。
ちょっとしたことで感染しやすくなっていたのだと思います。

そんな訳で緑のお花が咲いてしまいました。
e0140616_20485442.jpg

e0140616_20491478.jpg

開花宣言もなしで急に咲くお花・・・見頃は早く終わりにしたいです。


ミッキーはこの時、うんPが茶色ではなく黄色になり
粘膜のようなドロっとしたものがでてきました。
臭いも全くありません。数日で落ち着きました。


★More
[PR]

by ji-mickey | 2007-05-25 22:15 | 感染

痛そう

前日の夜から、じ様は足が痛くてうまく歩けません007.gif
左前足の肘あたりが腫れています。
皮膚感染症で腫れて痛むようです。

ステロイドはいったんお休みです。


032.gif032.gif032.gif


ステロイド治療中は肝数値を上げないために点滴していました。
この日も、元気に病院に行って元気に帰ってきたミッキーでした。

でも、家に帰ってきてから
急にバタっと寝て 大好きなパンも食べません・・・。

「ちょっと疲れたのかな?」
と思っていたんだけど、どうも様子がおかしいのです。

びっこひきながら歩くし、ちょっと歩くと座り込んでしまいます。

留置針が痛いのかな?と思い
急いで病院に連絡し、先生から折り返しの電話を待つことにしました。

その間ミッキーをよく見てたら、
留置針とは反対の左前足の肘から少し下のあたりが腫れていました。

皮膚炎でもなさそうですし、見ようとするだけで嫌がり 触るとウーッと怒ります。
我慢強いミッキーがこんな態度をとるのは 相当なことだと思いました。


     可哀想に・・・ 痛いんやね・・・
     骨肉腫だったらどうしよう・・・ 


なんて勝手に思ったりしてしまいました。

先生から電話があり、家に帰ってからのミッキーの様子を話したら
皮膚感染を起こしてるんだろう。との事でした。

ミッキーが飲んでいたステロイドの副作用で 感染症を起こしてしまったのです。

やっぱり腫れる時が一番痛むらしく 腫れがすーっとひく場合もあるそうですが
ひかない場合は膿が溜まってきたりするらしいです。

ただ、感染症というのは薬の副作用だけでなく、癌の子には珍しいことではないそうです。

とにかく、とにかく、早く痛みがなくなりますように・・・
と祈ってましたが、夜中から太股のあたりもカッカしてきて熱もでてきました。
ミッキーは痛みで寝ることができませんでした。

朝になっても 普段は【三度の飯よりお散歩】のミッキーが
散歩にも行こうとしないので余程痛かったのでしょう007.gif


★お薬の変更
[PR]

by ji-mickey | 2007-05-15 22:07 | 感染

抗癌治療14

3週間ってあっという間005.gif
14回目の抗癌治療です。

032.gif032.gif032.gif

やっぱりステロイドの影響でグンと数値が上がってしまいました008.gif

肝臓の数値は
平均値の数倍、項目によっては10倍以上にもなってます。

飲み続けているので、更に上がる・・・そうすると抗癌治療が出来ません。
副作用だけでなく、 ミッキーはメラノーマ爆弾を抱えているので
薬の量はとても難しいそうです。

そこで、肝数値を下げるための点滴をしていました。

その点滴効果で先週の数値より肝数値は下がっており
予定通り14回目の抗癌剤投与も無事終了しました。

再発・転移もありませんでした006.gif

問題は腸の炎症。
一番悪いときが10だとしたら、7か8らしいです。
完治はしないといわれていました。目指す目標は1です047.gif



★検査内容とお薬
[PR]

by ji-mickey | 2007-05-09 21:59 | メラノーマ

ステロイド作戦の始まり

じ様は、ステロイドは使わない治療をしてきました。
でもあまりにも長い食欲不振。
この日から
腸疾患に一番効果があるといわれている、ステロイドを使うことになりました007.gif


032.gif032.gif032.gif

食欲不振は相変わらずの状態025.gif

カロリーを補給する点滴はないけど、そのときのミッキーの状態からして
血液の流れをよくするための点滴はしたほうがいいとのことでした。

食欲はなくてもミッキー元気ありあり066.gif
でも、やっぱり体重が少し減少↓してきました。
このまま体重が減少して 体力消耗してしまったら、間違いなく癌が騒ぎ出し
手遅れになってしまうことになります。

副作用が恐かったのですが、ステロイドを使うことにしました。

ステロイドを使うとミッキーの場合
副作用でいつも多飲多尿となってとっても可哀想なのです007.gif


★More
[PR]

by ji-mickey | 2007-05-07 22:41 | 腸疾患