食欲不振の原因

あまりにも食欲不振が長いのでもう一度エコー検査をすることに018.gif
通常3ミリの腸壁が6.9ミリと分厚くなって
これが食欲不振の原因だったようです。
『炎症性腸疾患』という病気らしいです。

032.gif032.gif032.gif


この頃もミッキーは、ご飯を見せるとプイッ!っと怒って吠える!吠える!
ご飯置くと、相変わらず鼻で押しやって隠してしまいます。

『ミッキーさん!どこがどうあるから、今は食べたくないとよ』って教えてよーーーー!
そう思いました。

    数日前の血液検査では全く問題なかった。
    だから、何にもないはず!いや、あってもらっては困る!
    でも大好きなミッキーに何かあってたら?と思うとすごく心配002.gif
    頭の中はいつもそんなことがぐるぐる。

先生もミッキーちゃんが出しているサインを見逃さないようにしてあげよう。と言われ、
もう一度エコー検査をすることにしました。
今度のエコー検査は前回よりもよくみえるようにとお腹の毛を剃ってもらいました。


夕方迎えに行くと
『癌とかではないんだけど・・・』 とミッキーの症状について先生から説明がありました。

エコーの動画を見せてもらったんですけど
素人の私でもはっきりわかる程ミッキーの腸壁の厚さは
通常の倍以上に腫れていました。
(ミッキーの正常な腸壁の厚さは3mm位だそうですが、
 ひどい場所は6.9mmにもなっていました。)
この前エコーでみてもらった時は、こんなに腫れてなかったそうです。
つまり前兆の症状がずっと続いて 、それが原因で腸の中の流れも逆流したりして
ご飯を食べたい気分にならず、ずっと食欲不振が続いていたのだろうと。


治療の薬について
一番効き目がある薬、その次に効き目がある薬
そして、それらの半分以下しか効き目がないお薬。
それぞれの効果と副作用を説明してもらい
今回ミッキーは半分以下しか効果がないけど
そのお薬で様子をみることになりました。


元気があるからとずっと様子をみていたら
食欲不振で体力が落ち、ちょっとした隙に癌が騒ぎ出しかねなかった。
危ない危ない・・・042.gif
先手、先手で癌を封じ込めていかないと!
そう思ったのでした043.gif







☆エコー検査

(内用薬)抗炎症剤2種類 (7日分)

032.gif032.gif032.gif
この病気に効果があると言われているお薬の副作用が
骨髄抑制だったので抗癌剤とダブルでの攻撃は恐ろしくてそのお薬は飲ませられません。
あとステロイドもミッキーには飲ませたくありません。

それでもこの時ミッキーが飲んでいたお薬は
肝障害と免疫力低下による感染症らしいです。

お薬に副作用がなくなれないいのに・・・。

[PR]

by ji-mickey | 2007-04-03 22:10 | 腸疾患